「iKaossilator」と「GarageBand For iPhone」の連携の仕方

こんばんは。最近仕事に余裕ができて、会社辞めたくなってきました。逆に。シンです。

KORG iKaossilator for iPhone」と「GarageBand For iPhone」の連携の仕方が分かったので、備忘録かねて投稿します。

連携とはどういうことかというと、 「iKaossilator」で作った音を、「GarageBand」で使えるということです。 具体的には「iKaossilator」で作ったドラムループなどを「GarageBand」のトラックに貼り付けることができます。 これができると、「iKaossilator」のループサウンドを「GarageBand」で曲としてまとめ上げることができます。

では早速 手順をば。

  1. まず「iKaossilator」のバージョンを確認しましょう。”2.0.1以上”でないと不具合があり、コピーできません。
  2. iPhoneで「iKaossilator」を立ち上げて、いい感じの曲を作りましょう。ドラムループだけ取り込みたい場合はそれだけループを作ります。
  3. 作ったら左上のファイルの形をしたアイコンを押しましょう。すると3つボタンが出てくるので一番下の「Export as a wav」を押します。
  4. 次に、どんな形で出力するか聞いてくるので「Audio Copy」を押します。
  5. さあ、今あなたは手の中に「自分で作った音楽のデータ」を持っていると思ってください。 Windowsでいう、「コピー」「貼付け」のイメージですね。で、今は「コピー」した状態。
  6. 一度ホームボタン(iPhoneの下にある□の書いてあるボタン)を押して、「iKaossilator」を閉じ、「GarageBand For iPhone」を立ち上げます。貼りつけたい曲を開いて、トラックを選択し、タップしします。
  7. 「ペースト」か「すべてを選択」かを聞いてくるので「「貼付け」を選択します。※この時、トラックの種類が「サンプラー」か「ギターアンプ」である必要があります。(それ以外だと、「すべてを選択」しか選べません)
  8. ほらできた。
以下に画像を載せておきますので、参考にしてみてください。

2 Replies to “「iKaossilator」と「GarageBand For iPhone」の連携の仕方”

  1. KNDM

    この情報、本当に役立ちました。
    韓国のネットをいくら探し回っても見つからなかったんです。
    どうもありがとう!

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です