「KORG microKEY Air」お買い上げ。

ご無沙汰しております。本年初の投稿です。

ここ数日、突然のウィルス性胃腸炎で寝込んでいました。久しぶりに胃からノックアウトされたのでヨレヨレでした。いやー。健康って素晴らしいですね。完全復帰して早くビールが飲みたいです。

KORG_microKEY_Air_01

さて「KORG microKEY Air」を購入しまして少し経ちましたが、ちょっと凹んだ事がありましたので、軽くレビューを。

ワイアレスなMIDIキーボード!

本商品の目玉です。PC、Mac、iPad、iPhone、などと、ワイアレスで接続出来ます。iPhone(GarageBand)とこのキーボードさえあれば、その場で音が出せますし、ワイアレスなので2つを持って移動も出来ます。

ただし!

注意しなければならないのが、「Bluetooth 4.0 以降」でないとワイアレス接続出来ません!

今、私が自宅でメインで使っているMacが、MacBook Pro の2010年ものでして。Bluetoothの規格は「Bluetooth 2.1 + EDR(Enhanced Data Rate)」という規格でワイアレスではつながらず、USB接続で使っています。ガクリ。

みなさんは、お使いのPC/Mac、iPhone、iPadのスペック表を事前に確認すると、がっかりしなくて良いかもしれませんね。

合わせてKORGの対応表も確認して置いたほうが良いと思います。

乾電池駆動可能!

なんとこのMidiキーボードは乾電池駆動可能です。なので、完全にワイアレス。唯一、サスティーンペダルだけはワイアレスではないのですが、もう少し経てばそれもKORGさんがなんとかしてくれるんじゃないかと期待してしまいます。

気になるレイテンシーは?

公式サイトに記載がないレイテンシーについてです。

ワイアレスともなると、鍵盤を叩いてから、発音されるまでのタイムラグは気になるところ。

私はほとんどピアノは弾けず、MIDIデータのインプット用に使いますが、実際に使った印象だと入力が遅れるような感覚はありませんでした。まったく気にならないレベルと思います。

速いフレーズを弾く人などは、特に気になるところかもしれませんが、プロの方のレビューにも大丈夫と書かれているので大丈夫なのでしょう( ´ー`)

ちょっと気になるところ…?

唯一マイナスポイントが、鍵盤と鍵盤の隙間が均一ではないところです。

最初に掲載した写真でも「シ」と「ド」の鍵盤の間がほかの隙間より大きく見えると思います。多分個体差の問題なのかなと思い、高額なキーボードではないでやむ無し…といったところでしょうか。

総評

ゴチャゴチャしたボリュームノブとか、パッドとかが要らない方には大変オススメなMIDIキーボードと思います。シンプル・イズ・ザ・ベストですね。お値段以上の印象です。

余談ですが、私はホコリよけのために100均で買ってきたフェルトを上からかけています。両手で弾きたかったので61鍵盤を購入しました^^

KORG ワイヤレス接続対応MIDIキーボード microKEY2-61AIR マイクロキー2 エアー 61鍵モデル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です