Acer EasyStore H340 改造計画(その1 パーツ取り寄せ編)

こんにちは。今年のゴールデンウィークは暑かったですね。子どものサッカーの試合を応援に言ったのですが、やけどレベルの日焼けをしてしまいました。

さて、本題のAcer Easystore H340の改造ですが、結論からお伝えすると…うまくいきました

なかなか手ごわかったのですが、2日ぐらいをかけて組んだところ、なんとか動いてくれました!

下の写真がWindows8をインストールしている様子です。全て組み上げてしまう前に一旦動く状態でインストールしています。

Windows8をインストールしています

まずは、前回の記事から最終的に選定したパーツをご紹介します。

マザーボード


ASRock N3150-ITX マザーボード MB2393 N3150-ITX

オンボードタイプのマザーボードを選定しました。このマザーボードは、CPU、グラフィックボード、サウンドボードがすでにマザーボードの搭載されており、それぞれの部品を別途買わなくても動作してくれる優れものです。お財布に優しいコスパの良い商品だと思います。

詳しいスペック表は、こちらのメーカーサイトをご覧ください。また、非常に詳しいレビューもありますのでご参考にしてみてください。
「エルミタージュ秋葉原 「Braswell世代のファンレスMini-ITXマザーボード、ASRock「N3700-ITX」徹底検証」」

Asrockのマザーボードは、同じような型番でタイプの異なる商品が発売されていますので購入時は注意です。

本当は同じメーカーの上位機種である、「ASRock N3700-ITX」というマザーボードが欲しかったのですが、小売店からメーカーに問い合わせてもらったところ、残念ながら「すでにメーカー在庫なし」と回答を頂いたので残念ながら諦めました。

メモリ

CFD W3N1066Q-4G(※たまたま家にあった残り物)

メモリはマザーボードで利用できる規格にあったものを選びます。

今回選んだマザーボードであれば、「SO-DIMM DDR3 1600」か「SO-DIMM DDR3 1066」の規格であれば、OKです。

「SO-DIMM」は、通常の「DIMM」と比べるとやや小さめの大きさとなっているので、規格を間違えないように注意が必要です。 メモリには特にこだわりがないので、今回は以前にMacBookのメモリ増設時に外したメモリを利用しました。 なるべくメモリ容量の大きい物を選択すると良いと思います。ちなみに選んだマザーボードは、最大16GBまで対応しています。
CFD-Panram ノート用 DDR3 1600 SO-DIMM 8GB 1枚組 CL11 LowVoltage(1.35v) D3N1600PS-L8G

ハードディスクドライブ

OSをインストールするドライブには以前購入していたSSDを採用しました。

Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 128GB CT128M4SSD2
Amazonで確認しましたが、古い割に値段が高いのでオススメできません。2.5インチのSerial ATA 6Gb/s規格のSSDであれば問題ないと思いますので、別の商品をおすすめします。

また後の記事で詳しく書くつもりですが、このSSDにWindows8をセットアップしようとすると、アクセスエラーが発生しました。しかし、何度か「Delete」キーを押下するとセットアップが始まるという、よくわからない不具合に遭遇しました。

残りの3つのドライブには、以前から使っていたハードディスクを採用しています。

PCファン

サイズ KAZE-JYUNI 小軸&大型ブレード12cmファン、25mm厚800rpm、超静音 SY1225SL12L

静音性、コストパフォマンスを重視して、他の方のレビューでも比較的、高評価を得ている上記のケースファンを選定しました。

その他

キーボードとマウスはワイアレスのタイプを所持しているのですが、PCを組み上げた後のOSセットアップ時にワイアレスでは、内臓のドライバが対応していない可能性があるので必要となります。(すでに、USBタイプ、PS/2タイプのキーボード・マウスをお持ちの方は購入する必要はありません。)

キーボード
iBUFFALO USB接続 有線スタンダードキーボード ブラック 【FINAL FANTASY XIV 蒼天のイシュガルド 動作確認済】 BSKBU11BK

マウス
BUFFALO 有線BlueLEDマウス 静音/5ボタンタイプ ブラック BSMBU19BK

アイネックス 実験用スイッチ・LEDセット KM-01

別の記事にしますが、この商品はマザーボードの動作チェックが可能な商品です。組み立て時には非常に活躍してくれました。

アイネックス ピン配列交換ケーブル 8本入り EX-002

今回重要な役割を果たしてくれるケーブルです。

シリアルATAケーブル 片方L型(下向き) 30cm

シリアルATAケーブルは、同じシリアルATA規格でも差し込み口の形状・厚みが異る商品があり、注意が必要です。H340の場合、こちらの商品をおすすめします。(後日、理由を投稿します。)

これだけ揃えてとりかかりました。組み立てる様子は次回に投稿します。

続きはこちらです。

Acer EasyStore H340 改造計画(その2 分解編)

One Reply to “Acer EasyStore H340 改造計画(その1 パーツ取り寄せ編)”

  1. Pingback: Acer EasyStore H340 改造計画(その2 分解編) – JAMMING WAVE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です