今日もWARHEADS

日も引き続き、『WARHEADS』の練習をしました。

昨日気づいた点を再度確認しつつ、自己分析…。

 

今までの3連を弾くところのグリップ。
最初の1小節はこれでもうまくいく。
ところが、2小節目に入った途端、グリップがこんな無茶な状態になってことに気がついた。

小指の腹が当たって「ピキーン!」というハーモニクスのようなノイズが酷い。

もともと小指をあげるのが遅くノイズが出ているのは気になっていたけど、まさかこんなフォームだったとは気づかなかった・・・。

   で、上手い人たちの動画漁ってみたところ、ヌーノ含め、みんなこんな感じ。
クラッシックグリップで3連は弾いていました。

ずっと座って弾いていたのが間違いの元。立って練習すれば自然とこっちのフォームになっていたんじゃないかと思う。

すでに癖がついてしまっていて、グリップを変えるタイミングがいまいち掴めない。

2小節目の10-12-14フレットの押弦は、自分にとって若干ストレッチ気味になるので、親指をやや12フレット近くまで寄せてやる気持ちでやるとフォームが楽に感じた。

 それでしばらく練習してようやくこんな感じに。

(MP3は著作権上問題ありそうなのでYOUTUBEにしました。)

・・・とまぁ、先は長いです…。(聞き苦しくてすみません(>_<))

フォームも悪いんですが、ピッキングと小指が衰えてるのは間違いなさそうなので何とかしなければと思います。

 

でも、動画を見まくったせいか、モチベーションがUP!
しかも、こんな書き込みも見つけて、「あ、この人今の俺と同じ気持ちだ・・・。」とか思ったり。

 

お手本になった動画です。うまし!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です