無線ルータ「WR8700N-HP」をお買い上げ。

先週末、吉祥寺のヤマダ電機でお買い上げしました。価格は11680円。価格.comで掲載されている値段とそう変わりないので、意を決して購入しました。

今まではバッファロー製の無線ルータ「WHR-G54」を使用しており、54Mbpsの通信しか体験していませんでしたが、本機は、IEEE802.11nのデュアルチャンネル方式を用いた300MBpsでの通信が可能で、期待大。さらに有線通信でもギガビットイーサ-なので、これでeasyStore H340との通信もストレスレスになるはずです。

そんな期待を胸にセットアップ開始。

セットアップは「かんたんセットアップ」という機能があり、それを利用して設定したところ、その名の通り、ものの30秒ほどで完了。

しかし、タスクマネージャのネットワークタブよりリンク速度を確認したところ130MBでのリンクとなっていました。「はて。デュアルチャンネルモデルだから300MBpsで接続じゃないの」と思い、よくよく調べたところ、なんと使用しているVAIO FZ71Bに搭載されているネットワークアダプタ「Intel Wireless WiFi Link 4965AGN」の初期ロットはデュアルチャンネルに対応していないらしい。。。

 

・・・と、言うわけでせっかくのフラグシップモデルをもてあましている上、18日に本機の廉価版「AtermWR8170N」が発表され、ちょっと凹み気味なのでした。

 

そろそろマシンも買い換えよかな・・・。

 

参考URL:

Aterm関連

http://121ware.com/aterm/

AtermWR8170関連

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/18/020/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です