続報:「iPod Shuffle」発売2日間でランキング2位に登場

YAHOO!NEWS
 BCNランキング 1月10日から16日までの週次販売データ(表)で、
アップルの「iPod shuffle」がいきなりランキングの2位、3位に躍り出た。
1位は「iPod mini シルバー」、2位は「iPod shuffle 512MB」、3位は「同1GB」。
「iPod shuffle」の発売は1月15日で、今回のランキングに集計されているのは
予約販売台数分と、15、16日の2日間の実売台数だが、それでもトップに肉薄する勢い。

記事によると1GBの方が売れているようです。そうですよね。500MBじゃ、ちょっと物足りない。「i-podユーザーの購入が多い」とも書いてありますが、私のような256MB以下の旧型プレイヤーからの乗り換えも多いんじゃないかなぁと思います。

ただ、メモリタイプはUSB2.0にしても転送量がそれほどあげられないという話を聞いたことがあるので、買う前にアップルストアで1GBの転送スピードを試してみたいなと思います。

http://bcnranking.jp/flash/09-00000716.html売れ行き好調の「iPod Shuffle」だが、死角がないわけではない。
携帯オーディオを出すメーカー関係者は、
「液晶がなくても売れたのは、メモリ容量が64MB、128MBの時代」と冷静に分析している。

関連記事に関する意見ですが、上のメーカー関係者の認識と市場のニーズがずれてるんじゃないかなぁと思います。

私なんかがMP3プレイヤー使うときはわざわざ曲名見たり、ボリュームレベル確認したりなんかしません。うん、液晶はほとんど確認しませんね。アルバムを移りたいときとEQを変えたいときだけかな。電車の中でi-podユーザを時折見かけるのですが、本体確認しながら使ってるユーザーってあんまりいませんよねぇ。(ソリティアやってたりするのは見たことあるけど。)

私の中ではMP3プレイヤーで重要なのは
1.携帯のしやすさ(重量、サイズ)
2.連続再生時間
3.容量の大きさ
4.曲の移し変えのしやすさ(転送スピード)
だとおもいます。あとはコストパフォーマンスですね。

音を削っているMP3で音質のよさを求めるのは少しナンセンスのような気がしますし、まして、液晶でJPEGみれる必要はないかなと。カラー液晶でCDジャケットが楽しめるのは上の基本機能が充実した上での、2の次ですよね。

誰もがそう思っていたからこそ、今回「iPod photo」じゃなくて、「iPod shuffle」がヒットしたんじゃないかなぁと思います。

p.s.
シャッフル機能でかかった曲が「そういえばこの曲なんて曲名だっけ」
っていうときに確認できるくらいの小さな液晶は欲しいかも(欲張り)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です