LENOGE Apple MacBook Pro 13インチ バッテリー の換装

ようやく花粉症が治まったと思ったら、今度はコンタクトレンズが合わなくなってきました…。うぐぐ…。やっぱり健康が一番ですね。

さて、本題です。

先日、MacBook Pro(13-inch、Mid 2010)のバッテリーが認識されなくなったため、自分で交換しました。だいぶ古いMacBookProですが、まだまだ現役でいて欲しかったので。

Appleの正規店でバッテリー交換を受けると12,000円とどこかの書き込みで見かけました。すでに色々交換していたので、今更正規店でやることもないかと思い、思い切って自分で交換することにしました。

購入前にMacBookProのバッテリー交換について探したのですが、あまり製品のレビューや記事がないので書いておきます。もしご自分で換装される場合は、自己責任でお願いします。(Appleからの保証を受けられなくなりますのでご注意を。)

バッテリーの換装作業はとても簡単で、10分もあれば完了できます。
外蓋のネジを外して、バッテリーを固定しているネジを2つ外します。
次にコネクタを外せば交換できます。

写真を付けておきますので、参考にしてみてください。

こちらの「LENOGE」のバッテリーは、今回比較した他の製品より若干お安くなっていますが換装に必要な+ドライバー、Yドライバーが付属していますので別途購入する必要はありません。また、包装がしっかりしており、上下にスポンジクッションが入っています。

返品についても18ヶ月まで受け付けてくれるようで、サポート体制も良いといえるでしょう。(※実際にサポートを受けたわけではないので実態は分かりませんが…。)

換装直後のシステムレポート上の「充放電回数」は、2回となっていたと思いますので、出荷前にきちんとテストしているものと思われます。内部の品質管理も良さそうです。

換装後も今のところ元気に動いていますので、非常にお得な商品と言えそうです。ただ、バッテリーからの発火は少し怖いので、就寝中の充電や、スリープ状態での終了は避けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です