Line6 POD HD500のファームウェア ver2.6 リリース。

こんにちは。ご無沙汰しております。本日は寒の戻りということもあり、自宅でヒキコモリ中です。

Line6 POD HD500のファームウェアが2.6へバージョンアップしたという情報をキャッチし、早速向こう見ずにアップデートしてみました。

今回は、なんとあの「5150」や「JC-120」をモデリングしたアンプシミュレーターが実装されている?!
いいえ。利用可能になったのは「POD HD500X」と「POD HD Pro X」のみです。なんと、自分が持っている旧機種の「HD500」は今回の対象外となっています。しかし「Comming Soon!」とありますので、期待して待ちましょう!

→本日(2015/04/17)確認したところ、Available Now !となっていました!!

http://line6.com/store/item/352/

ちなみに、実装されるアンプの種類は以下の24種類で、有償となっています。

  • Peavey® 5150® (Block logo)
  • Bogner® Shiva
  • Remastered Marshall® JCM800 (Model 2204)
  • Line 6 Insane
  • Line 6 Big Bottom
  • Line 6 Variac’ed Plexi
  • Line 6 Purge
  • Line 6 Aggro
  • Line 6 Smash
  • Line 6 Octone
  • Roland® JC-120
  • Fender® Champ® (Tweed)
  • Orange® OR80
  • VOX® AC30 (Fawn Normal Ch.)
  • VOX® AC30 (Fawn Bright Ch.)
  • ® JC-120 2×12 CAB
  • Fender® Champ® 1×8 CAB
  • Line 6 Acoustic
  • Pete Anderson Custom
  • Ampeg® SVT® Normal Ch.
  • Ampeg® SVT® Bright Ch.
  • GK Gallien-Kruger® 800RB
  • Ampeg® SVT® 8×10 CAB
  • Ampeg® SVT® 410HLF CAB

お値段は

HD Metal Pack $49.00
HD Vintage Pack $49.00
HD Bass Pack $29.00
HD Fully Loaded Bundle $99.00

となっており、すべてのモデリングが入った「HD Fully Loaded Bundle」で、約11,880円(1ドル=120円換算)ってところですね。

ちなみに「5150」は「HD Metal Pack」で実装され、「JC-120」は「HD Vintage Pack」で実装されています。なので、両方が欲しい方は「HD Fully Loaded Bundle」をお買い上げしたほうが「HD Bass Pack」分、お得ですね。

(商売上手ですなぁ。( ´ー`))

*2015/05/06 追記
POD HD500は、ファームウェアアップデートの時に、電源ケーブルを抜くという作業工程があるのですが、いつも違和感を覚えます。備忘録を兼ねてスクリーンショットを掲載しておきます。

ではでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です