Macのブログエディタは「ScribeFire」に決まり!?

このところずっとMacでのブログエディタを探していました。
前回のタッチパッドの記事は「ecto3」で書いたものですが、WordPressのプラグインのLightBoxが有効になるようなHTMLを書いてく れない上、シェアウェアなので選択対象から外していました。

そこで、この「ScribeFire」。なかなかよいです。

ずっとGoogleChromeをメインブラウザに使っていたのですが、久しぶりにFireFoxを利用。
かなり動作が速い!やっぱり5年も前のPCとでは違うなーと。それでは!とAddOnをいろいろ漁りだしたところこのAddOnに出会いました。

ずっとGoogleChromeをメインブラウザに使っていたのですが、FireFoxもやっぱり良い!
Windowsの「FFFTP」に変わるツールとしてこれまたAddOnの「FireFTP」を選びました。
「Filezilla」をお勧めするブログもあったのですが、サーバー側のディレクトリをドラッグ&ドロップで移動できてしまい、非常に危険なのでNGとしました。

MacではFireFoxが大活躍しそうな予感です。

(でも、やっぱりWindows Live Writerからは離れられなそう・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です